くだらないモノを量産中です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
老いぼれを 閉じ込め雨の 騒ぎ居り
野辺や浜辺は 刻持て余し


雨よ雨 川に溢れて 田を沈め
庭の草だけ 喜び居るや


雨が降りゃ 庭の草らは 筍で
晴れりゃ草取り 遊びにゃ行けぬ



スポンサーサイト
2015.06.30 / Top↑
諍い絶えぬ世界など
とっとと消えてしまえ
などと叫ぶも
この星
意外としぶとくて
この老いぼれが
先に消え逝くやも

嗚呼
乱酔の戯言よ


2015.06.29 / Top↑
日々衰えゆくこの身に
日々増えゆく夢々よ
終末期のこの謀反らよ

嗚呼
悩ましや



2015.06.28 / Top↑
若ければ
恋の徒花二つ三つ
咲かせてみるも
楽しかろ

若ければ
嵐の海で戦場で
昼寝をするも
楽しかろ

若ければ
愚かさ被って
浮生歩くも
楽しかろ

見果てぬ夢見も
楽しかろ


2015.06.27 / Top↑
老いぼれや
危うい崖の綱渡り
一つ違(たが)えば
谷の底
あの世と言う名の
谷の底


2015.06.26 / Top↑

犯土(つち)なれば 庭の草らも 存えて
嬉々と楽しむ 梅雨の雨かな


この雨で 黄砂の汚れ 洗い去り
明日の木立は 灼熱の陰


浜行けぬ 曇りの空の 憎らしや
降るか晴れるか 早よ決めんかよ


2015.06.25 / Top↑
歳ふれば この世あの世の 隅々に
我が身の置き場 決めて楽しや


日の中に 闇の中にも 我の在り
慈悲の中にも 修羅の中にも


一年(ひととせ)は 長きと焦れた 若き日々
老いの目離しゃ 束の間に過ぎ


老いぼれは 時持て余す 筈なれど
あれこれ遊びゃ 時の足らずや


花要らぬ 金も要らぬぞ 時欲しや
数多数多の 遊びに埋もれ



2015.06.24 / Top↑
この谷に 我が遊びらの 一つ置き
忘れた頃に 通い来るかな


花々よ 日々に通えぬ 遠き地で
人の手借りず 元気に育ち


この浜に 遊び隠せば 波浚う
愚痴の老いぼれ 懲りずも一つ



2015.06.23 / Top↑

善なるを願いしも
日々に積みたる悪の業

その口で
奇麗ごと言いながら
日々数多の命喰らい
春の日差しに浮かれた
その足で
日々数多の命踏み潰す


悪故に
殊更 生善説に
溺れたがる身の哀しや


2015.06.22 / Top↑
夜の帳のその奥に
醜き思いの我の在り

何を恨むや呪うやら
己の未熟棚に上げ
今宵も帳のその奥に
夜叉と化したる我の在り



2015.06.21 / Top↑
弱きを挫き
強きに諂い

神の名使い
悪魔と笑い

義を唱えつ
不義に溺れ

愛を語るも
詐欺心の中

嗚呼
時世の様よ
人の故かや


2015.06.20 / Top↑
神は貶せよ
人は無視
天上天下
尊く無くば
我は野垂れて
糧と成り


2015.06.19 / Top↑
梅雨の日は 降り込められて 所為も無く
只ただ眺む 庭の草らよ


雨雨に 庭は埋もれて 苔は生し
我が想いらも カビに覆われ


空低く 想いも飛べぬ 梅雨の日は
日がな眺むる 蝸牛かな


山行けず 浜にも行けず 川行けず
時持て余す 梅雨の憎さよ


老いぼれの 残りし時を 雨よ雨
そなたが奪う 権利無かろうが



2015.06.18 / Top↑
雨の夜は 蛙らだけの 野良模様
夜鳴き鳥らは 頬杖つくや


ジャージャーと 時折走る 車音
恋歌消され 蛙も怒る


梅雨なれば 降るがどおりと 知りたるも
夜鳴きの声の 無きは寂しぞ



2015.06.17 / Top↑
我が生は 父母在りてこそ 今の在り
心鎮めて いざ戯れん


この命 皐月の闇の 中に置き
空蝉我は 静かに眺め


為したるは 一つも無きや この命
ただに生まれて ただに逝かんや



2015.06.16 / Top↑

老いて今
取り敢えず
足りたる人生を
若者に詫び

その時
機敏無くした身は
先に逝かんと覚悟の在れど
狡猾なこの脳は
策謀巡らすやも

やがての日
荒涼の地に立つは
老いぼれ集団のみ…かもぞ


2015.06.15 / Top↑
井の中の蛙
大海知らず

田舎で微睡む老いぼれ
未来を知りたく無し


2015.06.14 / Top↑
野良景色 寝ぼけて黄砂 染め渡る


里景色 丸ごと染めて 黄砂かな


里景色 褪せて時代を 遡り


黄砂日や 彼の国の害 運び来て


今日は一段と濃い黄砂日でした。



2015.06.13 / Top↑
若者よ 星空観るも 善いけれど
甘いデートは 薮蚊の餌食


潮騒に 甘い囁き 隠せても
月は二人を 舞台の上に


夏の夜は 風情肴の この逢瀬
蛍の恋に 君を酔わせて



2015.06.12 / Top↑
つらつらと 思うに我は 野生爺
人無き場所を こよなく愛し


人界は 本音建前 使い分け
野生の物ら 本能で対峙


元よりは 戦い捨てた 身ぃなれど
喰わんが為にゃ シシ等と対峙



2015.06.11 / Top↑
私の夜は
異国の夜
外の蛙たちは
それぞれの言語で騒ぎ
無学な私を悩ませる
夜鳴き鳥たちまで
私の知らない言葉で
愛を囁いて居るらしい


2015.06.10 / Top↑
霧よ霧
私を隠し
世の中隠し
この星丸ごと
隠しゃ良いのに


2015.06.09 / Top↑

浜行かば 流木椰子の実 石っころ
更にロマンの お宝探し


山行かば 鳥よ獣よ 草木まで
飽くことも無き 我が探究心


街だけは 遠慮願うや 勘弁や
遊び心の 種すら無きぞ  



2015.06.08 / Top↑
老いぼれのメルヘンは
ゲートボール場には在りません
五月蝿いカラオケ屋さんにも在りません
軍艦マーチの流れるパチンコ屋さんには
モドキが居るそうですけど
私はモドキが嫌いですから
逢いに行った事はありません

私のメルヘンは
浜の岩場で寛ぐ人魚さんです
円盤に乗ってきた宇宙人さんです

たとえ
人魚さんに食われようと
宇宙人さんの奴隷にされようと
私の描いたメルヘンは
今宵も
この迷想を豊かにしてくれるのです


2015.06.07 / Top↑
今人は
容器磨いて
味考えぬ


2015.06.06 / Top↑
不遜にも 国の天然 記念物
我が裏庭で 密と創るや

犯罪には成りません。
神の領域に挑戦して居るだけです。♪



遊び事 種は尽きぬぞ 今日もまた
前人未到の 境地彷徨う


他人(ひと)が見りゃ 呆れて笑う 遊びでも
我が道行かん 情熱込めて


2015.06.05 / Top↑
また一つ 遊び見つけし 老いぼれは
忙し忙しと 笑み浮かべつつ


雨遊び 月の遊びに 雪遊び
風にも遊び 凪にも遊び


我が生は 遊びの中に 流れ行き
気付きゃエンマの 前でも遊び


2015.06.04 / Top↑

鍋釜持たぬ身の
幸いよ

鍋釜持つ身の
哀れさよ


2015.06.03 / Top↑
この耳に 心地良きかな 平和主義
絵に描いた餅 食えもせぬのに


重箱の 隅をつついて 手柄顔
下衆の世界で 下衆の記事書き


昔より 家族守るが 男道
横槍入れて 何楽しかろ

爺・時事 どちらでも…



2015.06.02 / Top↑

人類よ
群れて哀しや
悪事に走り


2015.06.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。