くだらないモノを量産中です

小さき星 一つポッキリ 人数多
飾る人らに 飾らぬ人ら


善し悪しは 神に任せて おらが道
あれやこれらは 気の向くままに


老いの身が 世情を捨てて 戯れりゃ
雲上人と 嘲笑われて



短きは 現世(うつしよ)に在る この命
宇宙眺めりゃ 溜め息ばかり


億年の 光の旅や その先に
幽囚の身は 戯れ(ざれ)遊ばんや



スポンサーサイト
2014.09.30 / Top↑

山たちが 眠りの仕度 する夜は
我の天下ぞ 闇楽しまん


結界を 揺らして風の 遊ぶ夜は
暗中深く 吾も遊ばんや


煩悩の 騒ぎし夜よ 闇の口
入りては出(いずる) 未熟の我は


こもごもを 捨てて坐すれば この闇を
風に連れられ 彷徨うも善し


捨て難き 浮世と知るも この我は
夜夜に訪ねん 君住む世界
2014.09.28 / Top↑
多種多様な
言語よ
人種よ
その思考よ

道理で
この星から戦争が無く成らない訳じゃ

バベルの塔とやらで
味気(あじげ)な事をした
神さんのせいじゃろうかのう



味気…私の地方の方言で「妙な・変な」の意味で使います。




2014.09.23 / Top↑